長崎 おおむら よかトコなび

日本語  English
繁体中文  簡体中文
한국어 








今富のキリシタン墓碑 県指定有形文化財

今富のキリシタン墓碑 県指定有形文化財

基本情報

住所 長崎県大村市今富町
アクセス 大村駅から車で約20分
大村ICから車で約10分
説明  この墓碑は、半円柱型のキリシタン墓碑で、墓石の上部、本来なら伏碑にした場合、正面にあたるところに、「台付干十字紋」を刻んだ典型的なキリシタン墓碑です。現在は正面を向いている、かつての墓碑の底面には「天正四年丙子十一月十一日/不染院水心日栄霊/一瀬治部太輔」と刻んであります。ここから、墓の主は、日本初のキリシタン大名大村純忠とともに横瀬浦で洗礼を受けた一瀬栄正と考えられてきました。
 ところが、近年の調査で「干十字紋」の横に「慶長十九年」(1614年)の文字が発見されたことから、この墓は、慶長19年に一瀬栄正ではない別のキリシタンのために建てられたと考えられます。
 その後、キリシタン禁教時代となり、大村藩内ではキリシタン墓地の探索と破壊が行われ、取り締まりが厳しくなったため、墓碑を縦に起こし、仏教の戒名を記し、仏式墓碑に改造したものと考えられています。墓の右には手水鉢が置かれていますが、これも元は同様のキリシタン墓碑であったものを転用したものです。
駐車場 無し

Page top