長崎 おおむら よかトコなび

日本語  English
繁体中文  簡体中文
한국어 








胴塚跡

胴塚跡
胴塚跡

基本情報

住所 大村市桜馬場二丁目
アクセス 大村ICから車で約10分 
大村駅から車で約15分
大村駅から徒歩約40分
大村駅からバスで約15分(桜馬場バス停下車)、徒歩約5分
説明  明暦3年(1657年)、潜伏キリシタンが発覚した事件「郡崩れ」に関する場所です。603人のキリスト教徒が捕まり、取り調べの結果、406名が打ち首になりました。そのうち放虎原殉教地で処刑された131人の首は塩漬けにされ、人通りの多かった長崎街道沿いの獄門所に20日間さらされました。
 当時、キリスト教の信者は打ち首にしてもキリシタンの妖術で首と胴がつながって生き返ると考えられていたため、首と胴は別々の場所に埋められ、首塚・胴塚として伝えられています。
 胴塚は、本来この場所ではなく、国道沿いのやや北側にあったと伝えられています。今は、聖堂の祈りの像が建っています。
駐車場 無し
Wi-Fi 有り(無料)
SSID:OMURA CITY Wi-Fi

Page top