長崎 おおむら よかトコなび

日本語  English
繁体中文  簡体中文
한국어 








南蛮船の入港

南蛮船の入港
南蛮船の入港

基本情報

説明 戦国時代の末期、日本へ南蛮人(ポルトガル人)が渡航し、南蛮貿易が始まりました。南蛮船は、最初平戸に渡航していましたが、平戸領主松浦氏と不和になったポルトガル人は、新たな港を探し、大村領内の横瀬浦に目をつけました。
領主大村純忠は、ポルトガル人の希望を受け入れ、キリスト教布教の許可を出したため、彼らはここを港と定め、横瀬浦で南蛮貿易が始まりました。

Page top