長崎 おおむら よかトコなび

日本語  English
繁体中文  簡体中文
한국어 








日本最初のキリシタン大名

日本最初のキリシタン大名

基本情報

説明  戦国時代、純忠は島原の有馬家から養子として大村家に迎えられ、大村家を継ぎ領主となりました。
周辺の戦国大名である佐賀の龍造寺氏、平戸の松浦氏、武雄の後藤氏などと争い、大村湾を取り巻く領土を確立していきます。
 特に後藤貴明は、大村家に生まれながら、純忠のために後藤家に養子に出されたため、終生、純忠に対して敵意を持ちました。
 純忠は、貿易港として横瀬浦、福田、そして長崎を開港して南蛮貿易を行い、また、キリスト教を受け入れ、日本初のキリシタン大名となり、日本初のヨーロッパ公式訪問団である天正遣欧少年使節派遣など歴史に残る多くの事業を行いました。
 キリシタンとなった純忠は、家臣領民に対しキリスト教への改宗をすすめ、領内では、キリシタンにより神社仏閣が破壊され、キリスト教一色になりました。居城三城城下にあった宝生寺は教会に転用され、南蛮貿易港であった長崎、茂木を教会に寄進するなど、純忠は、キリスト教との関係を深めていきました。
 宣教師フロイスによると当時の信者は6万人を越えたと記録されています。
 純忠は萱瀬の坂口館で亡くなり、三城城下の宝生寺に埋葬されましたが、その後改葬され、本経寺に埋葬されたと伝えられますが、墓は不明となっています。

Page top